2017年09月22日

今がその時なのか?

 「今がその時なのか」。 韓国の文大統領が北朝鮮に9億円の人道支援を行なうと発表すると、アメリカのトランプ大統領と安倍首相は、そう言って文大統領に迫ったと言う。北朝鮮へ最大限の圧力をかけようとする日米の首脳にはいかにも水を差された格好だ。

同じ民族が食うに食えない状況であれば、それに手を差し伸べようとするのはよく分かる。ただ、これらの支援が本当に困っている人々に届くかどうかは疑問の余地はある。結局は、軍用費に充てられるようでは支援の意味はなくなる。一方では、民生用物資が軍用に回ることが少しでも抑えられることにもなる。昔から独裁国家への支援が難しいのはこのことだ。

「今がその時なのか」。これは安倍首相にそっくりお返ししたい。衆議院の「大義なき解散」である。解散は「首相の専権事項である」とはいつだれが決めたのかは知らぬが、いかにも身勝手すぎる。憲法にも書かれてはいない。これによって、自転車事故から懸命にリハビリを続けていた自民党ハト派の谷垣元総裁の政界復帰の希望も断ち切られた。政治の表舞台から離れ冷静に安倍政治を眺めてきたベテラン政治家の正義感に期待していたが、残念なことだ。

「今がその時なのか」。歌手の安室奈美恵(40)が1年後に引退すると言う。唐突の発表だった。新しい音楽の旗手だった。今後1年間の全国ツアーを経ての引退だとのことだ。かつての西田佐知子や山口百恵と似た喪失感がある。安室奈美恵の場合は、「アムロス」と言うのだそうだ。

      
         このビデオはブロックされています。
             こちらからどうぞ

      
posted by Ko-mei 27 at 08:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

解散の仕方が傲慢すぎる

 無党派層が怒る時だ!
 安倍政権は28日召集予定の臨時国会冒頭での衆院解散を検討している。野党は8月の内閣改造後も森友、加計学園問題などを究明するため臨時国会の開催を要求してきたが、政権は応じてこなかった。このままでは戦後初めて、国会の本格論戦を経ない新内閣による「沈黙の解散」となる。

過去の内閣発足や閣僚を入れ替える内閣改造の後は、首相が施政方針や所信表明演説を行い、各党の代表質問に答えてきた。これに対し、「真摯な説明」を誓ったはずの首相は、内閣改造後に国会に立っていない。

冒頭解散には野党の追及を避ける狙いがあり、与党内では首相の所信表明直後の解散や、所信表明の省略も検討されている。

しかし、衆院事務局によると現憲法下で改造も含む新内閣発足後、国会で質問を受けずに解散した例はない。召集初日の冒頭解散は1966年の「黒い霧解散」など3例あるが、いずれも発足後初の国会ではなく、それ以前の国会で所信表明と質疑に応じた。

政治評論家の森田実さんは「内閣は国会を通じて国民にメッセージを送るのが議会制民主主義の基本だ。これほど国会を軽視した首相は記憶になく、もはや国会無視だ」と批判。「今なら衆院選で勝てると見込んだのだろうが、支持率急落前の傲慢さが戻ってしまった」と話す。

安倍政権は今年6月、野党が反対する「共謀罪」法を委員会での採決を省く「中間報告」で成立させた。改造後初の国会で冒頭解散に踏み切れば、再び「奇策」と指摘されるのは間違いない。

東京大学の牧原出教授(政治学)は「2院制では政権が国会に対して常に説明する責任がある」と指摘。特に加計学園問題に関し「首相の資質や信頼感に起因する問題だ。仮に与党が勝っても首相個人が支持されたということにはならない」とクギを刺した。
(毎日新聞)


posted by Ko-mei 27 at 00:00| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月21日

安倍政権、財政再建を放棄!?

 安倍首相は、社会保障などの政策経費を借金に頼らずに賄う、いわゆる基礎的財政収支(プライマリーバランス=PB)を2020年度に黒字化する財政健全化の約束を反故にすることが分かった。

政府関係者によると、首相は衆議院の解散と合わせて2020年度の財政健全化目標の旗を降ろし、先送りを表明する方向だ。新たな目標として「20年代半ば」などと示すかどうか検討しているという。20年度のPBの黒字化は国際公約でもあったが、その先送りは「経済再生と財政再建を両立させる」としてきた安倍政権の経済財政運営の行き詰まりを認めることになる。

消費税10%への増税分約5兆円は、そのほとんどを国の借金返済に充て、残りを医療介護などに使う計画だったが、安倍首相はそれを「教育の無償化」に変える方針だ。教育の無償化は大学まで含めると数兆円規模に上り、国の借金返済が遅れ、さらに膨れ上がることになる。

まさに近視眼的大衆迎合の選挙用対策だと断定してもよい。大学教育の無償化より大学教育の質の向上を優先すべきだ。大学によっては基礎研究費の予算が不足して、若い研究者が去ってゆくと言う崖っぷちの現実がある。大学の門戸を広げて国費で質の低い「学士」を量産しても意味がない。

この政権は、どうか今度の選挙でお引き取り願いたいのだが・・・、そうでないと何をされるのか不安ばかりが膨らむ。


posted by Ko-mei 27 at 10:50| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

河野洋平氏、衆院解散に苦言

河野洋平氏png 河野氏は、森友学園や加計学園をめぐる問題を念頭に、「国民の懸念に説明をすべきだと野党が要求してきた臨時国会をずっと開かずに引っ張ってきて、問題への説明も懸念払拭)の努力もしないで、解散しちゃうというのは、野党が何だと思うのは当然だ」と指摘した。

さらに、「権力の側が自分の都合の良いときに自分の都合で解散するというのは果たしていいのかどうか、議論しなければならない」と訴えた。

河野氏は英国首相の下院解散権が2011年に封印されたことに触れて「党と党の話し合いで解散権に制約を加えるのは非常に賢明な対処法で、あのやり方ができればいいと思う」との見方も示した。尚、河野氏は現職の外務大臣河野太郎氏の父親。(産経)


posted by Ko-mei 27 at 09:01| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自民党、衆院選公約骨子を公表

10月の衆院選に向けた自民党の政権公約骨子が20日、判明した。
   (1)アベノミクス推進
   (2)教育無償化など「人づくり革命」
   (3)働き方改革
   (4)北朝鮮対応
   (5)憲法改正―の5本柱を重点政策とした。

改憲は9条に自衛隊の存在を明記する案を検討している状況を盛り込む方向だが、党内に異論もある。民進、共産など野党4党は幹事長・書記局長会談で候補者一本化の可能性を探ることを確認した。28日召集の臨時国会の冒頭解散に抗議し、国会審議を要求した。(ロイター)

以上とは別に、安倍首相はニューヨークで、「消費税を予定通り10%に上げることで、今後はリタイア世代ばかりでなく「子育て支援」や「教育無償化」など現役世代のために消費税の使途を考え直す」と発言した。


posted by Ko-mei 27 at 08:11| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月20日

♪一度だけなら〜山尾氏出馬!

ポスター.jpg 民進党を離党した山尾志桜里衆院議員(43)が、次期衆院選で愛知7区から無所属で立候補する意向を固めたことが、関係者への取材で分かった。22日にも地元入りし、支持者らに説明する。

山尾氏は週刊誌に不倫疑惑を報道され、7日に離党届を提出。同日夜に記者会見し、「支援者にさらなるご迷惑をおかけすると判断し、離党を決断した」と説明したが、その後は公の場に出ない状態が続いていた。

しかし、離党届提出直後から7区内の民進の地方議員らに「次の選挙には出ます」と電話で伝えていた。28日の臨時国会冒頭での衆院解散の公算が大きくなるなか、有権者への説明の時期を早めたとみられる。関係者によると、22日は野党共闘を目指す市民団体が7区内の愛知県日進市で開く会合などに出席予定という。

山尾氏が無所属で立候補の意向を固めたことについて、民進愛知県連の塚本久幹事長は20日、「党としても、どう選挙に関わるのかを早急に考えないといけない」と話した。(朝日デジタル)

さて、無所属になった山尾氏の思いが有権者にどう届くか。地元の街角にはまだ「民進党山尾しおり」のポスターが貼ってあるが、その内の何枚かは先日の台風18号のせいで剥がれたままである。一抹の淋しさが漂う。昔、「一度だけなら」と言う歌がヒットしたが、果たして有権者の思いは?

      


posted by Ko-mei 27 at 18:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バナー写真

 このブログのバナー写真は季節の移り変わりや管理人の気分で変えられる。本当はブログタイトルにふさわしい写真が良いだろうし、一応はブログの顔だから余り変更するのも良くない。そうは言っても暫くすると管理人自身が飽きてくるのだから致し方ない。そんなわけで2,3日前に変えたのが上の写真、暫くはお付き合いを頂きたいと思います。

安倍内閣(衆議院)が来週にも解散するらしい。「仕事人内閣」としてデビューした内閣だった。本当は「仕事師内閣」と銘打ちたかったようだが、読みようによって「仕事しないかく」になるから、「仕事人」にしたとのことだった。テレビでお馴染みの「必殺仕事人」は実に見事に仕事をこなしたが、この大臣たちは何の仕事もしない内にお払い箱になりそうだ。

聞けば、臨時国会の冒頭に首相の一声で解散が決まるらしい。首相の所信表明演説後の各党派の代表質問やそれに続く衆参の予算委員会もオミットされると言う。これでは新閣僚たちの答弁する時も場も与えられないことになる。

メディアは、この解散は「モリカケ疑惑隠し解散」とか「政権延命解散」、つまりは「大義なき解散」とか色々伝えるが、全て正しい。もうひとつ思うのは、首相自身が今の内閣では居心地が悪いのではないかと思う。トモチン(稲田朋美)はいないし、友達内閣ではないからだ。「仕事人内閣」では自分が目立たないこともある。

安倍自民党の公約の目玉が「働き方改革」と言うが、全くチャンチャラ可笑しい。「遊び方改革」が正しい名称だ。長時間労働や残業を止めて余暇を作って「もっと遊べ!」というのがこの改革の骨子らしい。首相自身は根っからの遊び人、国会が終わればゴルフかさっさと海外旅行。庶民は遊ぶにも先立つものがなければ遊ぶに遊べない。そもそも日本人の働くスタイルから逸脱している。

これから、全国津々浦々、安倍首相のポスターが所狭しと張られるだろうが、正直この顔写真はもう飽きたし、見たくもない。


posted by Ko-mei 27 at 11:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月19日

原子力空母が日本海展開

Ronald_Reagan.jpg 北朝鮮の相次ぐ軍事挑発を受け、米原子力空母率いる空母打撃群が10月、朝鮮半島近海に展開する見通しになった。韓国国防省が18日、国会に提出した資料で明らかにした。18日には米戦略爆撃機B1Bが韓国上空に飛来したほか、9月末にも日米韓の弾道ミサイル防衛演習を行う。

北朝鮮は10月10日に朝鮮労働党創建72周年を控え、金正恩党委員長を中心に結束を強く訴えるとみられる。日米韓の専門家からは、この時期に新たな軍事挑発に出るとの指摘が出ており、朝鮮半島の緊張はさらに高まりそうだ。

米空母の派遣は、韓国側が3日の北朝鮮による核実験を受けて米側に要請していた。横須賀を中心に活動する原子力空母ロナルド・レーガンが派遣される見通し。米空母の朝鮮半島近海への派遣は、空母2隻が6月ごろに日本海に展開して以来。韓国軍は米空母打撃群と米韓合同演習を行う。


posted by Ko-mei 27 at 17:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月18日

母語と母国語

     母国語と母語を隔てる日本海
            一度も越えず霞むふるさと
                   (朝日歌壇)

 きょう掲載の朝日歌壇で3人の選者が選んだ優秀歌。母国語と母語の意味を勘違いされる方も多い。この作者にとって母語とは日本語、母国語は朝鮮語(又は韓国語)だろう。ふるさとに帰れば、「日本海」とは誰も言わず「東海(トンヘ)」と言う。

ある選者の講評は、「母国の土を踏んだことがないもどかしさを静かな口調で、大きなスケールでうたう」とし、別の選者は「内面の苦しみに深い感銘を覚える」とある。

その母国も南北に分断されてすでに70年になる。朝鮮半島が一つの民族国家として統一される日はいつ来るだろう。水鳥は自由に往来できるのに。

      

  
posted by Ko-mei 27 at 16:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フェアープレー

ウインブルドンの両雄.gif 1920年、テニスのウィンブルドン選手権に日本人として初めて出場したのは、清水善造選手。学生のころからテニスを始め、その後商社マン(三井物産)として働くアマチュア選手だった、

清水が「やわらかなボール」が放ったのは、オールカマーズ決勝(現在の準決勝)だった。対戦相手のチルデン選手(米国)が足を滑らせて転倒、その時にゆっくりとしたボールを返したという。チルデンが態勢を立て直し、返球がエースに。「ヘイユー!ルック!」とチルデンがラケットで指した方向を見ると、観客がスタンディング・オベーションで清水に向かって拍手をしていた。

結果としてチルデンが勝ち、二人が会場を後にしたものの、その後しばらく拍手が続いたという。試合後清水は、「やわらかなボール」を否定したが、両選手の友情は生涯続いたと言う。

政治にフェアプレーを求めるのは、お門違いかもしれない。それにしてもこれが単に、相手が弱っている時を選んでの攻めであるなら、しらけてしまう。安倍首相が衆院を解散する検討に入ったそうだ。麻生副総理兼財務相がそれを進言し、首相がそれに乗ったようだ。28日に始まる臨時国会の冒頭に踏み切る可能性があるというから、いかにも急な話だ。

野党第1党の民進党が離党者の続出で足を取られている今なら勝てると踏んだか。臨時国会が吹き飛べばモリ・カケ問題も追及されず一石二鳥なのだろう。この解散、スタンディング・オベーションどころか、ブーイングの嵐が起こってもおかしくはない。

麻生副総理の祖父、吉田茂元首相は野党議員との質疑で「バカヤロー」と口走った。国会軽視だと責められた末に衆院を解散し、「バカヤロー解散」と呼ばれた。このまま大義なき解散となれば、今度は有権者がバカにされたことになる。バカにされてバカヤローと叫びたいのはこっちの方だ。(一部「天声人語」から引用)


posted by Ko-mei 27 at 08:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

川岸史果選手が初優勝

川岸選手.jpg マンシングウェアレディース東海クラシック 最終日◇17日◇新南愛知カントリークラブ美浜コース (6,446ヤード・パー72) 

国内女子ツアー「マンシングウェアレディース」最終日、台風18号の接近による影響で競技の開催が危ぶまれたが、全選手が無事にこの日の競技を終了。7位タイからスタートした川岸史果選手が快進撃を見せ、トータル13アンダーで見事プロ初優勝を飾った。

トータル5アンダーで決勝ラウンドをスタートした川岸。開始後3番から8番まで怒涛の6連続バーディを奪取。8バーディ・ノーボギーでホールアウトのナイスプレーを演じ、トータル13アンダーでトップに。昨年のプロテスト合格後、初の栄冠を手にした。

川岸史果選手の両親はプロゴルファーで父親はかつて“怪物”と呼ばれた川岸良兼選手。


posted by Ko-mei 27 at 17:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

衆院解散、今月28日にも

国会議事堂.jpg 安倍首相は年内に衆院を解散する検討に入ったと与党幹部に伝えた。28日召集の臨時国会冒頭で踏み切ることも視野に、北朝鮮情勢などを見極めて最終決断する。

報道各社の世論調査で内閣支持率が回復基調にある中、民進党は離党騒動で混乱しており、局面打開の好機と判断。衆参各院で3分の2を持つ現在の改憲勢力で憲法改正の発議をめざす戦略から方針転換する。

複数の政権幹部が明らかにした。選挙戦ではアベノミクスの成果と継続を訴える見通しだが、国民に信を問う大義は幹部間でも共有されていない。野党の召集要求にようやく応じた臨時国会冒頭での解散は、森友学園・加計学園問題を隠すものだとして野党からの反発は必至。北朝鮮の核実験や弾道ミサイル発射が続く中、政治空白をつくることへの懸念もあり、首相は時期を慎重に見極める考えだ。

解散時期は複数検討しており、最も早い場合は臨時国会召集日の28日。この場合は、10月10日公示〜22日投開票、または17日公示〜29日投開票の日程を想定している。22日投開票予定の青森4区、新潟5区、愛媛3区の衆院トリプル補選は10日の告示後でも解散した時点で中止になる。(朝日新聞)


posted by Ko-mei 27 at 07:20| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

慶応大教授もいろいろ

金子勝教授.png 慶応大の金子勝・経済学部教授(65)が15日のツイッターに「安倍首相が北朝鮮をあおり、森友・加計の腐敗を隠そうとしている」という趣旨の投稿をし、話題騒然になっている。

これまでも金子教授は「(ミサイルを発射する)北朝鮮も怖いが、『戦時放送』を流す安倍政権も怖い」とツイートするなど、安倍政権を批判するあまり、極端な意見を披瀝することがあり、今回も3千件を超えるリツイートがあった。金子教授の「戦争屋」と題するツイッターの内容は、以下の通り、

「また北朝鮮の軍事政権がミサイルを飛ばし、また国営放送でJアラート一色。森友・加計の腐敗を隠そうと北朝鮮を煽り、疑惑だらけのトランプをけしかけ武器を買うアベ。NPT批准拒否のインドにまで核技術を輸出する。目指す改憲のために日本を北朝鮮のターゲットにし戦時体制にしたいのか」

金子教授は、安倍首相がインドで歓待を受けたのも気に入らないらしく、「今、核軍拡の最も危険なのはインドとパキスタンだ」「北朝鮮の意図は核配備だ。それに対峙する最も有効な道は核兵器禁止条約だ。それなのに、条約に反対するインドに原子力技術を提供する」(要旨)、「世界に原爆燃料をばらまき、インドで原発事故が起きたら税金で補償する。外交無能で戦争を煽るだけ煽る」などと、核開発に突き進む北朝鮮をそっちのけにして、安倍首相が訪印したことを強烈に非難した。

この教授の安倍嫌いはことのほか有名だが、最近は特別らしい。慶応大教授には色々な先生がいる。小林節と言う憲法学者も反安倍を鮮明に打ち出し、前回の参院選では安保法制に反対して立候補したほどだ。逆に時の政権に擦り寄ってチャラチャラする竹中平蔵とか言う経済学者もいる。そうそう、慶応義塾の創始者・福沢諭吉なら今の政権をどう思うかね〜?


posted by Ko-mei 27 at 06:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月16日

映画「ダンケルク」

 きのうの午後は月一度の会社時代の友人との会合。その前に例によって名駅前のミッドランドシネマで映画鑑賞。映画のタイトルは「ダンケルク」。久しぶりの戦争映画だった。

 「ダンケルク」
ダンケルク.jpg 第2次世界大戦で敢行された兵士救出作戦を題材にした作品。ドイツ軍によってフランス北端の町に追い詰められた連合軍兵士たちの運命と、救出に挑んだ者たちの活躍を描く。

1940年、連合軍の兵士40万人が、ドイツ軍によってドーバー海峡に面したフランス北端の港町ダンケルクに追い詰められる。ドイツ軍の猛攻にさらされる中、トミーら若い兵士たちは生き延びようとさまざまな策を講じる。一方のイギリスでは民間船も動員した救出作戦が始動し、民間船の船長ドーソンは息子らと一緒にダンケルクへ向かうことを決意。さらにイギリス空軍パイロットのファリアが、数的に不利ながらも出撃する。

監督はクリストファー・ノーラン。圧倒的なスケールで活写される戦闘シーンや、極限状況下に置かれた者たちのドラマに引き込まれる。

「戦史」というからには、結果はわかっている。ダンケルク撤退戦もそのひとつだ。では、クリストファー・ノーランはこの撤退劇をどう撮ったのか。絶体絶命の戦局の中でかすかな希望がある。数少ない戦闘機と、小さな民間船。戦闘機は雲の厚い上空から兵士たちを守り、小舟は潮の流れが読みづらい海を渡って兵士たちの救助に向かう。祖国を守るのにそれぞれが可能な勇気、この勇気こそがこの映画の急所・見所である。2017年のアカデミー賞の有力候補となっている。

昔の戦争は、ドラマにもなり得たが、現代(いま)の戦争には勝者も敗者もなく、ドラマが生まれることもない。


posted by Ko-mei 27 at 00:00| Comment(0) | 映画・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月15日

トランプ日本にゴルフツアー

ゴルフ外交?.jpg 日米両政府は11月上旬にトランプ大統領が初来日する方向で調整を進めているが、安倍首相の最大の関心事は北朝鮮問題への対応ではなく、トランプとゴルフをすることのようだ。日本側は週末にゴルフを組み入れるため、米側に土曜、日曜を含む11月4〜6日の来日を打診している。

会場は関東の名門コースを物色中で、同伴プレーヤーにはプロゴルファーの松山英樹や“世界の”青木功らの名前が挙がっているという。

11月上旬は、北朝鮮への制裁を強める国連決議の効力が出始める時期だけに、北朝鮮がどんな挑発行為に出るか分からない。しかも、対北朝鮮強硬派の急先鋒であるトランプと安倍首相が顔を合わせるのだから、金正恩が再度ミサイルをぶっ放す可能性がある。おまけに臨時国会の開催中でもある。

国民には北朝鮮危機を煽るだけ煽り、自分はノンビリと“ゴルフ外交”――。支持率低下で夏休みのゴルフを自粛したが、ついに我慢ができなくなってトランプ来日を口実に解禁するつもりだ。(日刊ゲンダイ)

さすがに政府内からも「悠長すぎるのでは?」という疑問の声が上がっているという。そりゃそうそうだろう。「ゴルフなんかしている場合か、バカヤロー」と言われても止むを得ない。きのうまでのインドでのバカ騒ぎと言い、日本国民としては恥ずかしい限りだ。


posted by Ko-mei 27 at 19:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北ミサイル、北海道通過し延伸

 グアムを軽く射程範囲に
グアム射程.png 北朝鮮は15日午前6時57分頃、同国西岸の首都平壌・順安(スンアン)付近から弾道ミサイル1発を発射した。

ミサイルは同7時4分〜6分頃、北海道の上空を通過し、同7時16分頃に襟裳岬東の沖合約2200キロ・メートルの太平洋上に落下した。3日に強行した6回目の核実験に続く北朝鮮の軍事的挑発に、朝鮮半島情勢は緊迫の度を増している。

北朝鮮のミサイル(その射程距離からICBMと思われる)が、日本列島上空を通過するのは、8月29日に北海道上空を通過した中距離弾道ミサイル「火星12」に続き、今回で6回目。北朝鮮による弾道ミサイル発射は、今年14回目。事前の発射予告はなかった。

韓国軍によると、北朝鮮が発射したミサイルの最高高度は約770キロ・メートル、飛距離は約3700キロ・メートルだった。政府関係者は「前回と同じような発射だった」との見方を示した。高い角度で打ち上げる「ロフテッド軌道」ではなく、通常軌道による発射とみられる。(Yahooニュース)



posted by Ko-mei 27 at 09:29| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

週末は台風とミサイルがW通過

 米NBCテレビは13日、米軍高官の話として、北朝鮮が過去48時間以内に移動式の発射台を別の場所に移し、ミサイル発射実験の準備を行っていると報じた。

北朝鮮は、11日採択された国連安全保障理事会の制裁決議に対し、「全面的に排撃する」と公言しており、米国は新たな挑発行動への警戒を強めている。日本に対しては「米国の制裁騒動に便乗した」と非難し、その上で「日本列島4島を核爆弾で海に沈めなければならない」と威嚇した。

さらに、北朝鮮は「わが軍や人民の声」として、「日本の領土上空を飛び越えるわれわれの大陸間弾道ミサイル(ICBM)を見ても正気を取り戻さない日本人を叩きのめさなければならない」と主張した。

北朝鮮の牛車jpg

牛車からミサイルの国ですか。よくもまあ、言いますなあ。週末はエース級の台風(18号)がやってくるし、ICBMまでも上空を通過するようでは何とも迷惑な話だ。


posted by Ko-mei 27 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月14日

インドに大盤振舞の外交

大歓迎.jpg 安倍首相(及び昭恵夫人)は13日、政府専用機でインドに到着した。14日にモディ首相と会談し、日本の新幹線方式を採用するインド初の高速鉄道整備などに対する約1900億円の円借款供与で合意する。

高い経済成長を続けるインドのインフラ拡充に関与し、2国間関係をさらに強化させる方針だ。しかし融資の返済はいつからでしょうか。新幹線が走り出したあと、その利益からですね。

14日の首脳会談で合意する新たな円借款は、インド西部のアーメダバード−ムンバイ(約500キロ)をつなぐ高速鉄道建設への1000億円、インド北東の道路網改善計画への386億円など計5件が対象。モディ氏の選挙区バラナシで進める複合施設整備への約22億円の無償資金協力でも一致する。これでインドへの投融資は5兆円をはるかに越えることになった。

今年7月に発効した日印原子力協定を踏まえ、日本の原発技術輸出をめぐり、官民協議会の設置でも合意する見通しだ。両政府は人的交流拡大に向け、今後5年間でインド人の日本語教師を1000人育成する目標を確認する。

今回も首相・昭恵夫人共々大歓迎を受けたようです。インド訪問のたびに莫大な「お土産」を持参しますから大歓迎を受けるはずですね。振り返るとこの夫婦、行きたい国や歓迎を受ける国しか行っていないような・・・、行きたくなくても行かねばならない国にも行ってほしいですね。今回、昭恵夫人にはぜひムンバイのスラム街にも足を運んで頂きたいものです。

      


posted by Ko-mei 27 at 14:02| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「都民ファーストの会」の代表

仲良し.jpg 「都民ファーストの会」の代表に荒木千陽(35歳)都議が選出されたことをめぐり、13日に開かれた同会派の議員総会で「一部の意向で密室で代表が決まった」として代表就任に反対する意見が出た。

異議を唱えたのは7月の都議選まで会派幹事長だった音喜多駿都議。音喜多氏は同日、代表決定の手法や情報公開の在り方などについて、10月5日までに議員総会を開いて検討するよう求める申し入れを党側に行ったという。

代表交代をめぐっては、知事特別秘書の野田数(かずさ)前代表が10日辞意を申し入れた。翌11日午前、小池氏と増子博樹幹事長、山内晃政調会長の3人からなる選考委員会で荒木氏を新代表に選出した。

しかし、複数の「都民」都議によると、野田氏の辞意や代表決定過程が役員以外の所属都議に事前に伝えられることはなく、同日午後になり新代表決定についてメールで報告があったのみだったという。荒木氏は衆院議員時代の小池氏の秘書を務めた側近。

音喜多氏は「密室でさまざまなことが決まってきた旧来の都議会を批判して最大会派になったのに同じことを繰り返している」と批判。さらに「執行部は規約通りに代表を決めたというが、所属都議に規約が示されたことはない」と主張し、党側の今後の対応を見守りたいとした。

13日、都庁で新代表就任会見を開いた荒木氏は「党の規約にのっとって代表に選ばれた。瑕疵(かし)はない」と強調した。そのうえで、音喜多氏の異論には「意見が出ない政党よりも、出るほうが健全で大変喜ばしいこと。しっかりまとめて党運営に反映させたい」と語り、代表選考や規約を含めた情報公開の在り方について検討する意向を示した。

一方、小池氏は報道陣に対して「透明性には問題ないと聞いている。異議があって質問が出るのは開かれている証拠」と述べた。

荒木氏は、最近まで小池氏の秘書で小池氏宅に同居していたらしい。男女の関係はないけどこういう関係はどうなのか? 「文春」に聞いて見たい。まあ、東京都は他の自治体のことだからどうでもいいけど・・、何事も事前によく話し合うことが必要ですね。


posted by Ko-mei 27 at 10:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

台風18号進路予想


台風18号進路予想.jpg

 非常に強い台風18号は宮古島の北の海上を北上していて、先島諸島には台風18号に伴う活発な雨雲がかかり続け、宮古島では50年に一度の大雨となっている。台風は今後も勢力を維持したまま進み、17日(日)には九州に接近・上陸のおそれがある。

さらに18日(月・敬老の日)にかけては日本列島に沿うように、東日本や北日本を北上する見通し。雨や風が強まり、荒れた天気となるおそれがあるため、今後も最新の情報に注意が必要だ。

さすが、野球で言えばエースナンバーの台風18号だ。右曲りのシュートの切れ味が鋭い。スピードも速そうだ。この連休は行楽を予定している人も多かろう。まったく困ったものだ。


posted by Ko-mei 27 at 10:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする